こじらせまくり

"夢はでっかく こう描く"

年の瀬も押し迫ってきたので二宮くん事変2016について総決算する

お久しぶりです。今日はクリスマスだからなのか知らないけれど石田純一さんとニベアの福缶を買いに行く夢を見ました。前回のブログの更新から150日以上経っているため「更新してみませんか~~!!!」ってはてなブログからお知らせ来たので書きます。ブログの存在忘れてた訳じゃないんだけど、パソコンの前に座って気軽にバンバン自分が思うように書けるようなブログのネタが最近なくて困ってる…。


いや、だってさ、2016年下半期色々ありすぎじゃん?!


ジャニーズ縛りでいくとSMAPさんに始まり田口くん芸能界ソロでUターン、森田剛くんと大倉忠義くん山Pに交際報道、長野くん結婚…。ジャニーズ以外でも今年芸能界というか色々ほんとどうなってんの??って感じで何があってもとりあえず年は越せるこの世界のシステムにただただ感謝するしかない。中でも衝撃だったのが自担(二宮くん)の熱愛報道(白目)

はいみんな~~もう事務所内ではとっくに時効になったと思われるこちらの事件について持論を話しますからね~~!掘り起こすぞ~~~~!(パンパンパン!)


なにが衝撃だったのかというと、熱愛報道にさほどショックを受けないだろうと思っていた自分が、日が経つにつれてセンチメンタルになりかなりショックを受けていった点だ。私は基本、二宮くん含む好きな人にはとりあえず幸せになって欲しいし、好きな人の人生を自分自身の幸福のために搾取したくないと思っている。
けどさ。けどさあ!!!!わかってたんだよ、最高に格好良くてあのキラキラした眼で笑みをこぼす二宮くんは、目が合うだけで世の中の女性が一瞬で恋に落ちてしまうくらいの色男だって十分に理解してた!!!!でも、その落ちてしまった女性が伊藤綾子で、二宮くんはその手を引いてもっと奥まで引っ張っていったという事実にひどくショックを受けた。知った当初は「なんだ、今度は女子アナか~この人たらし~」なんて典型的なお花畑発言で冗談を言ったり、今年もアツい夏が始まるぜ~~とか、どうせまた週刊誌のでっちあげで嘘だろなんて思っていた。慣れたつもりだった。


しかし報道発覚から2,3日すると彼女の会員向けブログがヲタクの手によってどんどん流出していった。この二宮♡伊藤カップルが炎上した最大の理由はこのブログにある。自撮りに映りこむ大量のアラフェスクッション、友人からの勧めwiiUドラクエを開始、これを買って今読んでいると書かれた記事へ貼られた本の写真に映りこむ嵐のCD、嵐がライブを開催している期間にハワイ、宮城へ旅行()…。そしてファンの検証により記事に載っている生け花と二宮くんがクランクアップ等で貰う花束の種類が一致するという怪奇現象まで暴かれてしまった。しかも一度や二度だけではない。伊藤綾子さんブログでヲタクにヒント与えすぎィ!!(白目)

テレビ出演時、たまに左手の薬指に指輪つけるのも謎。ブログに嵐のコンサートへ行ったという事も書かれていて「すごい迫力!素晴らしいエンターテイメントで楽しかった」の後に「しかし、ずっと立ちっぱなしで疲れ気味」と続けられていたのにも、なんだかとても悲しくなった。彼氏は歌って踊って走り回ってるのによ…。智くんの時のデジャヴか…!?と思うが、それよりもタチが悪いと思うのは自担の報道が故なのか。二宮くんがたぶんそこにいたのだろうという証拠が出るわ出るわ。いや笑うしかない。バレなきゃ大丈夫、と思っていたのかもしれないけれど、大人なら、国民的アイドルの彼女ならバレたときのことは考えられなかったのだろうか。
「わかる!!二宮くんと付き合ってるって自慢したくなる気持ちめっちゃわかる!!」とかなんねえから!!!!!!!!!!!!!!!!!アホかよ!!!!!!!!!(暴言)


ああ、二宮くんはこんな人と付き合って幸せなのだろうか…うちの和也が…信じられない…信じたくない…と和子ママばりに困惑してしまった。事務所からのコメントがなく、ただただ証拠隠滅がはかられる事にも腹が立つ。ノーコメントだからこそヲタクは詮索して事実を得ることしかできなかったんだよ…。二宮くんの口から何もなかったのも悲しかった。むしろ平然としている二宮くんにむしゃくしゃしてしまった。事務所ぐるみで「ファンなら何があっても許してくれるだろ?」って言われているみたいで、『ファンとは一体…』となってしまった。ついてこれない人はついてこなくていいですって事なのかとも思ってしまうし、それはそれでめちゃくちゃ傷ついた。好きだからついていきたいのに。うわ、悲しすぎる。アイドルは商品でしかないというこの現実から目を逸らしてはいけないってのは重々承知しているんですけどね…………。所詮私たちは消費者だから………応援するためにはお金を払わないといけないから経済動かすのもしょうがないし、学会中止させるためにホテル満室にしてるわけじゃないんです………


熱愛報道があってから、なんとなく二宮くんを避けてしまうようになっていた。何度も同じ回の鉄腕DASHをみたり勇者ヨシヒコやうぬぼれ刑事借りてみてた。二宮くんを好きになってから自分で意図的に避けるなんて初めての事だった。妹の「容量ないからVS嵐録画されてないよ!!!!」という悲鳴に「あーまあいいよ」と菩薩のように答えるのも初めてだった。「二宮くんとか嵐とかをみる気分じゃない」とか食欲がなくなるのと同じくらい大変なことだと自覚しているけれどそういう気分になれなかった。自分で言うのもなんだけど失恋かよ。浮気された女性の気持ちってこんなのなんですね…あ、違いますか?

クラスマッチが何日か後にあった。うちのクラスのジャニヲタ文化の成熟は凄くて、応援にクラス一人ひとりの名前や好きな人の写真が飾られたうちわを持って出場するクラスメイトを応援する。もちろん、私のうちわにはご丁寧に黄色で名前が書いてあり、二宮くんの写真が貼られていて「○○ちゃんがんばれ♡」と吹き出しがついていた。今までの私ならめちゃくちゃ嬉しいのに、嬉しくなかった。彼に幻滅する日が来るなんて思ってもいなかったから、二宮くんにも作ってくれた友達にも余計に嫌悪感が増した。私がボール打つときに「ふっとばせ~~あ~~や~こ~!」は性悪JKすぎてさすがに草だったけど()他の友人にも会って早々聞かれた。「熱愛報道あったけど…大丈夫?」ならわかるけどシンプルに「二宮大丈夫?」って、私二宮くんの精神状態知らんわ!!!!!!(荒れ狂う)
とにかく私は数ヶ月間二宮くん、というか嵐に対してナイーブになってたし、そのおかげか受験勉強も順調に進んだけど「ありがとう、熱愛」とは言わねえぞ!?!??!?


二宮くんのあの格好良さは恋人の存在があるからこそのものなら、やはりそこはファンとして今の恋人であろう東北生まれの伊藤綾子さんに九州名物詰め合わせをお歳暮で送らないといけないのかもしれない、二宮くんが彼女と過ごしていて幸せというのであれば、やはりそこもファンとして彼の幸福を願っていくのが一番だ。と思っていた。ただ幸せならいいわとか思うくらい私のこころが広ければいいのに。アイドルである二宮くんと付き合うのならどうか彼の職業をちゃんと理解して、永遠の愛を誓いあうまで隠し通して欲しかった。アイドルは存在する偶像だと思うが、そこにアイドルでない生身の人間と熱愛だとかいう生々しさが加わってしまうと、勝手に遠くに感じてしまう。元々近くにいるわけでもないのに。もしアラフェスクッションを大量に購入するほど伊藤綾子さんが嵐のファンであったとしてもニュースでエンタメコーナーを受け持つフリーアナウンサーとして公平な立場にいてほしかった。もともと嵐ファンで、二宮くんとの共演を機に付き合い始めるのなら、ヲタクの気持ちだってわかっていたはずだ。公私混同をしないでほしい。お互いに想いあっているのなら、お互い相手のために気を付けて隠すこともできたはずなのにそれができなかった彼女に二宮くんだって悲しい思いをしているのかもしれない。


それでも、なにがあってもとは言わないけれど、現時点では私はアイドルの二宮くんが大好きだしこれからも応援したいと思っている。盲目だ、ヲタクは結局ATMだな!!!!って言われればそれまでだけれど。ファンは応援できるうちに応援することしかできない。うまく言えないけれど、もし応援することをやめていたら二宮くんが芸能界をやめるときに、私は激しく後悔すると思う。二宮くんがアイドルをしていること、応援できることを当たり前に思わないように。彼を見る目がいままでと少し変わったのは自分自身でも否めないけれど、私の中の一番のアイドルであることに変わりはない。彼の幸せが私の幸せ~~とか言いつつどこかで受け入れられない自分がいるのも事実です。あ~悔しい。アイドルはファンがいるからプライベートもアイドルであるが故に迂闊にゆっくりできないのは、私たちも彼もわかっている。俳優や歌手、ダンサーならいいけれど、アイドルである彼らを生き辛くさせている原因の大部分はファンの存在があるからだしそれはもう本当に申し訳ないっていつも思ってるけどそれ思うたびに超~~~~悲しい。金払ってるんだから熱愛とか割に合わねえ仕事すんなよ!!!とか思いたくない。二宮くんがハワイのドキュメントで「お金払ってくれているから」って言ってたけれど、身を削ってまでアイドルしてほしくないよ…!!!!!!!!!ヲタクがみんなこうなのかは知らないけど、少なくとも私はそこまでアイドルに求めていない。アイドルには夢しか求めてないよ…生々しい私生活はみたくないよ……とにかく…とにかく隠してくれ…


このまま、ずっとなかったことにされるのかなんていうのは正直どうでもいい。どうか、二宮くんがアイドルを捨てることがありませんように。恋人がいても、結婚してもアイドルを誇りにアイドルとして私たちに夢を与え続けていてほしい。「メリークリスマス」だって相葉くんに向けた曲であれ、愛するたった一人の女性に向けた曲であれ、キラキラしたあの笑顔で歌っていてほしい。ハア~すっきりした!!よし、2017年もヲタクするぞ!!



総括:やっぱりヲタクはやめられない!メリークリスマス!!!今日はDASH生放送だよ~!!

TOKIOの広報担当になりたいのでTOKIOのいいところ紹介します

ジャニヲタの中には「好きなタレントの広報担当」になりたがる人が多い。

広報なんてジャニーズ事務所が十二分に行っているので、あえてファン側がそれを背負う必要など無いのだけれど、「○○くんのこんなところが素敵だからみんなにも知って欲しい」だったり、もっと率直に「売れて欲しい」だったりと、マネージャーレベルの意欲を燃やして広報する人も少なくない。

アイドルの“広報担当”になりたくて ジャニヲタの文章が熱いのはなぜ?――ジャニヲタの団扇の向こう側vol.3


私がはてなブログを知り、ブログを開設するきっかけとなったといっても過言ではない私の尊敬するブロガー、あややさん(id:moarh)が寄稿されている記事の中の「広報担当」という言葉にとても納得してしまった。最初は備忘録としてはじめようとしていた自分のブログがいつの間にか「嵐はいいぞ」「二宮くんはいいぞ」というの外部に向けたブログにもなってしまっている。魅力を他の人にも伝えたい、という根本的な思いはきっとどのヲタクにも共通しているのではないだろうか。過去記事(たった8件だけど)見返してみると、嵐のなにがいいのか、という肝心な場所が伝わっていない気がした。方向転換してもう自分用&他の人にちょっと読んでもらえれば嬉しいブログになろうと思います。

そこで今回は、私がTOKIOを好きになったきっかけと共に、TOKIOの魅力について紹介したいな、と思います!!!!!ほんともうド新規で申し訳ないんですけれども!!!!!TOKIO第一次産業だけじゃなくて真剣に野菜も、ラーメンも、音楽も、全て熱意を込めて作っていることを!!!!!早急に日本国民、全世界へ伝えたい!!!!!!!!二宮くん熱愛報道で凹んだからTOKIO書くとかそういうのじゃないから!!!!!!!この記事1ヵ月くらい前からちょくちょく書いてるから!!!!確かにちょっとダメージ受けたけど!!!!








忘れはしない、2015年7月4日
櫻井翔が総合司会を務めた日テレ『THE MUSIC DAY』が放送された日。そして、TOKIOのつくる一等米…、いや、音楽、そして魅力におっこちてしまった日だ。


この日の夜をずっと楽しみにしていた。音ゲーが連動している嵐のtroublemakerやジャニーズシャッフルメドレー等、ジャニヲタの心くすぐる様々な企画が用意されていたからだ。夜ご飯を食べ、日テレお得意のジャニーズ洪水の始まりをテレビの前でワクワクしながら待っていた。嵐の前にTOKIOが出演した。
毎週見ている鉄腕DASHの映像、それから"農業だけじゃない!彼らの本業はバンド!"と、ライブの映像が流れた。初めてTOKIOのライブ映像をみた。衝撃を受けた。

バンドしてるTOKIO超格好良いじゃん?!?!?!!!
TOKIOってこの前囲炉裏つくってたよね!?!?!?!?!石橋も作ろうとしてなかったっけ??????武道館のTOKIOもすげえ格好いいじゃん!?!?!?!!!!
ってなった。

泣くな、はらちゃん』の主題歌、リリックを演奏した後に長瀬くんが「この曲、よく"歌詞がいいね"と言ってくださるんですけれど、」と喋り始めた。鉄腕DASHを通して、各地でいろんな方とお会いしているんですけれども、その中で、その人たちの当たり前の光景とか家族とか、仲間とか恋人とか色んな人たちを見て、きっと僕らも普通の生活っていうのが、きっとどこか美しく見えることがあって、この歌詞はやっぱり日本全国の皆さんが作ってくれたんじゃないかな、と僕が思っているんで、まあ、なかなか伝わりにくい事なんですけれども、こういう詞を音楽に入れてね、少しでも伝わったらいいなと。」泣いた。

長瀬くんって歌詞かけるんだ。曲も作れるんだ。しかもこんなに音楽に熱いれてるんだ。知らなかった。いいかみんな。長瀬智也はただのゴリラキャラじゃないぞ。


『当たり前のことが どこか美しく見えた』

長瀬くんがDASHを含むいろんな経験を通して感じた事を元にかいた歌詞だと紹介された。素敵な歌詞だ、と思った。"泣くな、はらちゃん"は私が中学の時に放送されていたドラマで、当時は主題歌のリリックよりも「私の世界」という挿入歌の方に興味がいって、ギターでずっと練習していた。おい私!!!!!!主題歌ちゃんと聞いとけよ!?!?!!リリックめちゃくちゃイイ曲だからちゃんと最後まで聞いとけよバカ!!!!!馬鹿野郎!!!



この前、たまたま見ていた関ジャムで錦戸くんが「告白する時に勇気をもらえる歌詞」みたいなテーマでリリックの2番の歌詞を紹介していた。

『孤独なんて考えたこともない 君に会うまでは』

(´д`.)「二人でいて、一人になった時に孤独を感じる、とかそういう感じで、俺は凄くストレートだな、と思って」みたいな事を言ってた。スタジオの女性陣は「ちょっと難しい」とか言ってたけどそんなことないから~~~~!!!!!!!!!!!ひとりが普通だったけど、君に出会ってから一人になると"孤独"を感じるようになってしまったよ、というそんな感じでしょ?!?もう、健気というか、なんというか、純粋な歌詞で好き~~~!!!!!!彼氏できたことない私でも錦戸くんの言ってる意味わかるんだよ???私の想像力が豊かなだけ?????恋愛経験豊富であろう女性陣も頼むからわかってくれ!!!!!!ドラマの主題歌だっていうこともあるけど、これはもう主題歌超えてる。ドラマの世界観だけじゃない、人を一途に思う気持ちとかそういうのがストレートに表現されてて素敵な曲!!!!!!あ~~~TOKIO良い~~!!!!!





…っていう話をJフレヲタの先輩にしたんですね。そしたら、「是非TOKIO沼に来てほしい」と快くライブDVDを貸してくださいました。



TOKIO LIVE TOUR 1718 [DVD]

"TOKIO LIVE TOUR 1718"

これを見たのがいけなかった。
TOKIO薬物。まじ薬物。やったことないけど薬物。(※薬物、ダメ、ゼッタイ。)先輩の思惑通り、完全に音楽してるTOKIOにハマってしまった。一回見ただけで。音楽してるTOKIO中毒。前に流行ったTwitterの薬物依存の図に似てる。もっと音楽してるTOKIOを見たい。TOKIOの音楽を聴きたい。TOKIOが好きだと早く言わないと胸にあふれて張り裂けそうだ~~~!!今すぐ武道館に行きたい。市民ホールでもいい。TOKIOの5人がつくる音を、目の前で、この耳で聴きたい。TOKIOは嵐の先輩グループであるし、嵐や関ジャニ∞、嵐ファンやHey! Say! JUMPファンもTOKIOのことを『TOKIO兄さん』と慕うように呼ぶ。私も、例に漏れずそう呼んでいた。けれどもうこれからはTOKIO兄さんと呼ばない。いや、呼べない!!!!!!!!!!!(呼ぶなら"TOKIOアニキ")





一週間ほどお借りしている間に5回以上は観た。TOKIOのライブには一回も行った事がないし、DVDはこの「1718」しか見たことない。けれど断言させてもらう。

TOKIOのライブは楽しい。


太一くんが何の前触れもなく突然、ヲタ芸縮小版みたいなのをするし、それを客席にも煽ってみんなでやるし。(城)島茂さんヒョウ柄ギターで可愛い。山口くんはZIP連発。あと、長瀬くんと太一くんがチューする(めちゃくちゃ濃厚)。まあ~~~~~~~エロい。長瀬くんの口づけエロい。舌エロい。いや、まって、相手が太一くんだから、ってアレじゃないから!!!そっちだから喜んでるとかじゃないから!!!!違うから!!!!アラフォー同士、男同士っていうのはとりあえず抜きで考えて、とにかく長瀬くんの口づけはエロい。で、誘ってきたのに「気持ちわりぃ!」って大爆笑する太一くんかわいい。これライブビューイングで映画館のスクリーンでもドアップで映されたらしい。会場は盛り上がったとはいえ映画館組はどう反応したんだろう…。とにかくあの一瞬が濃厚すぎてPG12くらい。でも前にトキカケでVTRとして世間に出てしまった。しかもZIPでも朝っぱらから流されてたしね!?!?!?!地上波であれ流すの大丈夫なの?!????我らの日テレ様に苦情とかきてない??!?!全力で擁護するけど????!?



TOKIOのライブではお客さんがうちわを持っていない。ジャニーズコンサート必須グッズであろう団扇が見当たらない。みんな拳を突き上げてる。あれ?TOKIOってジャニーズだよね???ペンライト持ってる人もいるけど3分の2くらい握りこぶし。団扇の代わりにタオル持ってる。そんで振り回してる。「うちわ胸の高さ超えないように意識して持つ余裕があるならタオルを回せ!!!!拳を振り上げろ!!!!!!!胸の高さ超えていいから!!!!」って声がどこからか聞こえてきそう。"うちわは胸の高さ"という信念(?)がすり込まれたジャニヲタはたぶん解放感半端ないとおもう。拳は胸の高さまで、とかそういうのないもん。跳びたい!!!!!!!叫びたい!!!!!!行きたい!!!!!!TOKIOのライブ行きたい!!!行きたすぎてこの前スケジュール帳にライブの日書き込む夢見たからな!!!!!ハア行きたい!!!!!!!!!!まだ!?!?????TOKIOのライブいつ!??!?!?!??!?!!???




レビュー的な感じで感想を書くと、まずTOKIOが出てくるところ格好いい。暗闇の中から気配感じる、みたいな。いつの間にかそこに立ってて、シルエットだけ見える状態で「archive」のイントロ始まる所もう最高にゾクゾクする!!!!!!!!歌い始めの長瀬くんから始まって、どんどん照明がメンバーにあたるのとか超格好いい。ポップアップとか、空飛んで出てくる、とかそういう派手な演出じゃないけれど、超格好いい。TOKIO格好いい。みんな楽器してる。やばい。シビれるってこういうことか、って思った。最初の曲(「archive」)山口くんのベースの弾き方が力強くて好き(突然)。「The Course of Life」という太一くんが作詞作曲の曲のサビがスパーーン!!って開けるような感じも好き。


(城)島茂さんはもうめちゃくちゃびっくりした。
なーにがびっくりしたって(城)島茂さんが超格好よくって!!!!!
ギターしてる(城)島茂さんカッケエーーーーーーー!!!!
城はまだ取り返せていませんか*1!?????もうあき竹(城)さんと城を取り戻すのに成功したの前提で話しますね!!
とにかく、ギターしてる城島さんは恰好いい。まじで。鉄腕DASHでタオル巻いてダジャレいうおじさんじゃない。ギタリスト城島茂さん。だれだ、ジョージ・マシゲルって言いだしたの!!正解!!!大正解すぎ!!!!!今まで「親戚のおじさんに似てる」って理由で茂おじさんって呼んでいた自分に腹が立ってしまった。これからは「城島茂さん」と呼ばせていただこうと思う。城島茂さんごめんなさい。


それから松岡くんが歌ってるの初めて見た。「Autumn」。関西人じゃないけど言わせてくれ、アカン松岡昌宏が武道館に君臨してた。アカン、激シブ。ロングコート着てスタンドマイクで歌うんだけど、綺麗すぎて何かのオブジェかと思った。薄い霧、紫の照明の中で歌う松岡くん格好良すぎか!?!!クッソ歌うまいし意外としっとりした歌声で超格好いい、お酒飲みながら聴きたい!!!!!松岡くんが毎週金曜日に歌いに来るようなジャズバーは神奈川のどこですか????(未成年)



城島ソングくそ面白い。嵐でいう「La Tormenta」、関ジャニ∞でいう「∞O'clock」、どのグループにもあるメンバー紹介曲です。城島茂さんソングやばい。山口くんのところで「夏の元気なご挨拶~~(日清オイリオギフト)」とか、ZIP押し出してくる歌詞がとにかく面白い(語彙)。長瀬くんのところでイケメン連呼するところも、城島さんのところで四十肩連呼するところも最高!!!!!松岡くんの「水分補給はシャンパンだ」とか強い、強すぎる。ちなみに城島ソング、ライブごとに歌詞が変わるそうです。楽しい!!!!!!!!!!!


そして「Sometimes」、完全にTOKIOにおちた。

「僕にとって空や風があるように そっと優しく君を包むよ」

「時々君を守りたくなるんだ」


嗚呼、TOKIO。嗚呼、智也。
女子の皆さんどう??!?!?!??!キュンとこない!?!?時々ってなに!!??!?リアル!!!!もう私この曲好きすぎて今すぐ長瀬くんの胸に猛突進したいんだけど???包んでくれるかな??!?も~だめだよねえ!?!?!ずるいよねえ??!?圧倒的声量と抜群のボーカル、胸に手あてながら眉顰めてこれ歌う長瀬くんみたらもう誰だって好きになっちゃうじゃんね?!?!?優しく包んでほしいよね!!???智也♡って呼びたくなるよね!?!??????ギター弾きながら歌う長瀬くんも好きだけれど、ハンドマイクで魂打ち込むように身をかがめて歌う長瀬くんも大好き。キーボードしながらハモりを歌う太一くんも超格好いい。カラオケいってこの曲歌われたらきっと即オチ。

そしてこの曲、リリックと同様長瀬智也作詞作曲なんですよね。長瀬くんの生み出す歌詞ってストレートな表現が多いと思う。でも、本当にドストレートにならない言葉の選び方がすごい好き。ただ格好いいだけじゃなくて自分の不甲斐なさだったり、弱さとかそういうの入れてるところも好き。長瀬くんのラジオでTOKIOの曲作る時はダサさも意識してる。ずっと格好良いと聞いてて疲れちゃうから。」って言ってて、なるほどな~って思った。決して比べる訳ではないんだけれど、二宮くんの作る歌詞ってちょっと考えないとその曲に込められた真意が分からない様な歌詞が多いから、長瀬くんのまっすぐな歌詞が新鮮に感じた。でもどっちも大好き!!!!!!!




まだまだライブについては書きたい事がいっぱいある。けど、DVD一本観ただけなんでまだまだ私が知らない魅力はあるはず!!!また違うの観たら書く!!!本当はDVDじゃなくて現場行きたいけど!!!!!!!嵐のアリーナツアーに向けて貯めてたお金あるから!!!!!TOKIOツアーまだ!??!?DVDポチっちゃうからはやくして!!??





次、みんな大好きDASHの話するよ!!

私凄い好きな回があるんですけど、いつの回だと思います???(知らんがな)
正解は今年の元日に放送されたウルトラマンDASHです!!!!!農業やってるのも好きだけど!!!!!


その中でも週に何回も見たくなるのが、番組最後にあった城島茂、壁をかけあがって2階の窓に卵を届けられるか!?」っていう企画。果たしてこの感動が読んでる皆さんに文章で伝えることができるのか…、頑張って書くので頭に思い浮かべながら読んでください。



日テレで卵かけごはんが食べたいと連発する寺田心君のために壁を駆け上がって窓から卵を渡すっていう設定のくだらない企画です。くだらないけど本気でやるのがDASHとTOKIO。城島さんは「40代、やってできないことはない」と言ってトランポリンを使って壁を駆け上がる"ウォールトランポリン"というスポーツの特訓を頑張ります。DASH海岸のロケの合間もトレーニングを積んで3週間練習を積む城島さん。VTRでは山口くんがトレーニングにつきあってた。

いよいよ本番。トランポリンから心くんが待つ窓までは約5m。一回目の挑戦では窓までなかなか届かず一旦休むが、一回飛んだだけでもかなりの体力を使うらしく息があがる城島さん。二回目も本当に惜しいところまで駆け上がって三回目にはあと30cm!ってところで疲れてしまって着地。回数を重ねるごとに身体への負担も増していき、きつそうな表情を浮かべる。

色んな人がこの挑戦に関わってくれているのでギブアップしたいけれど出来ない様子の城島さんに、窓で卵の到着を待つ山口くんと田中理恵さんが「無理はしないで」「もう十分ですよ、これだけできれば本当にすごい」と声を掛ける。それでもあきらめる様子のない城島さんに松岡くんが「手、伸ばそうか」と卵の入った容器を受け取ろうと窓から身を乗り出して手を伸ばす。松岡くん、高所恐怖症なのに。松岡くんの体を山口くんが落ちないように支えてサポート。自分も大変なのに城島さんは「松岡も気ぃ付けて」と声をかけ「大丈夫だよ、俺は兄ぃ(山口くん)が押さえてくれてるから」。地上で見守る太一くんが「大丈夫だよ、恥ずかしいことじゃないよ」と。人に助けてもらったり力を借りることってありがたいけれどプライドを傷つけられたり、恥ずかしいと思うかもしれない。ここで太一くんがかけた言葉が凄い素敵だな、と思った。長瀬くんは後ろで右往左往、きっと城島さんを心配してる。

TOKIO4人によるサポートが整えられ、再び城島さんがトランポリンで壁を駆け上りはじめた。3m、2.5m、1m、50cm…どんどん二階までの距離を縮めていく。近づく城島さんに向かってぐっと腕を伸ばす松岡くん。

そしてついに、松岡くんが卵の入った容器を掴んだ。その場にいたみんなガッツポーズ!!!!!城島さんもガッツポーズ、そして上に向かって拍手。松岡くんは体勢を立て直したあと、最初に心くんにハイタッチ。優しい。体をちゃんと中に収めるまで松岡くんを押さえてた山口くん。ほっとした表情を浮かべる長瀬くん。ちょっぴり鼻を赤くして涙目になりながら笑顔でリーダーに拍手する松岡くんがとにかく格好良くて。TOKIOのメンバーの絆が素敵すぎて、泣いた。インタビューの時に城島さんが太一くんにもたれてたから本当に限界だったんだなって思った。頑張る城島リーダーと、それを応援して支えるメンバーに感動。日テレの二階とトランポリンの上はただただ優しい世界だった。(このあとの嵐にしやがれへのフリもしっかりする城島さんがまた最高)




どうでしょうか、伝わりましたでしょうか!??!?稚拙な文章で申し訳ないです、伝わらなかったら毎週鉄腕DASHみてください。TOKIOの優しさ随所で溢れ出てるから!!!本当良いグループ!!!!!
TOKIOってとにかく素直で、前向きで、謙虚で、誰にでも平等で、すごく心がきれいな人が5人もいるから、誰からも愛されるんじゃないかなって思います。どっから目線でんなこと言ってんだって感じですが、魅力はやっぱりメンバーの人柄だと思います。人を喜ばせようとして失敗したことに冗談でも「お前ほんと何やってんだよ」って言うんじゃなくて「まずは褒めようよ!!すげえじゃん!!」って言える人はなかなか居ないんじゃないのかな。*2また、東日本大震災が起こった翌年から放送されている、福島の野菜をPRするCMには「福島を『心のふるさと』と思っている、これからもずっと向き合っていきたい」とノーギャラで出演している。私もうこれに感動しまくって夏休みの作文の題材にしたから~~~!!!!



とにかく私はTOKIOっていうグループも、音楽も大好きです。0円食堂とかで「あ!鉄腕DASH!」と声を掛けてくれるおじいさんおばあさん、「今度は何作るんだ」とザワザワするネットのみなさん。
ぜひTOKIOの音楽のファンにもなってCDを手に取り、ライブに足を運んでみませんか!?!?!??!??!?
私も行ったことないけど!!!!!TOKIOのファンになってから何枚かCD買いました。TOKIOが歩んできた20年を少しずつ辿るのがとても楽しいです。早くライブしないかなとウズウズしています。楽曲をあまり知らない人に「TOKIOはCD売れないよね~」と言われるのがとても悲しいです。CDを買うっていうのは、応援している意思を一番ダイレクトに示せる行為だと思うので、少しでもいいなと思ったら買ってみて下さい。売り上げが今よりあがれば、新しい楽曲を発表する頻度もあがると思います。ライブもたくさん開催してほしい!!!!!是非、TOKIOの音楽をもっともっと知ってください!!!!!!!宙船とAMBITIOUS JAPAN!とLOVEYOUONLYだけじゃないからね!!!!!




また、TOKIOの楽曲やCDに関する素敵な記事をあげていらっしゃる方もいます。恐縮ながら引用失礼します。


tournesolt.hatenablog.com


tawashi63.hatenablog.jp


どちらも愛に溢れていて、かつ魅力がわかりやすく書かれていて「もっと知りたい」「曲聞いてみたい」と思わせられる記事です。簡潔で、私みたいにダラダラと長ったらしくないので凄く読みやすいです、ぜひ読んでみてください。



どうか、沢山の人がTOKIOというグループ、楽曲等の魅力を知ってくれますように!!!!!!!!!!



以上、(自称)TOKIO広報担当からでした。

*1:クラッシュ オブ キングスのCM

*2:DASH島の舟屋建設時に「あいつら来る前に床板張って完成させて喜ばしたろ!」と一人で床板を張った結果、出口をつくるのを忘れてしまった城島さんにこれまた松岡くんがかけた言葉。これを聞いた城島さん男泣き。松岡くん山口くんもらい泣き。ちなみに城島さんが島にある材料で2年かけて作った味噌をTOKIO皆で味噌汁にして試食した際、微妙な味で微妙な空気になった時に「これは島汁…城島汁だ」「しげる汁にしよう」「"しげる"で良いよ!!」と松岡くんを発端にメンバーがリーダーを励ます回も好き。

挫折を味わいました


どうしても、これだけは取らないと希望する進路に大きく響く検定があった。一番嫌いで苦手な教科の検定だった。進路を決めて、その資格がないとほぼ合格は不可能だとわかった時に、取ると決めた。
決めた次の日からは、土日も連休も学校に通って勉強した。学校の開いていない日は家に閉じこもって勉強した。解らないところは教科書、参考書の解説、過去問を漁って、それでも解らなかったら担当の先生に訊くようにした。一日に何度もしつこく質問するのに、先生はうんざりする様子もなく、私がわかるまで付き合ってくれた。


中には「お前、本当に合格すんのか」と呆れた様に言ってくる先生もいた。私はその検定に関連する教科で二年次に赤点をとったり、成績が3だったりとあまり良い結果を残していなかったから、そういう反応をされるのは当然だった。自分でもわかっていた。わかっていたけれど、その言葉が悔しかった。受かってびっくりさせてやろう、ってもっと勉強した。自分は今、ビリギャルのさやかちゃんと同じ状況なんだと言い聞かせながら勉強した。目指すのは慶応ではないが行くつもりで勉強した。放課後も7時まで学校に残って部活もせずひたすら勉強した。帰ってから風呂とご飯を一時間以内に済ませ、過去問や問題集を何時間もした。予想問題を何回もこなした。月〜木は、その日のナガスタを聞く15分が唯一の楽しみだった。時々パソコンの前に座り、ストレス発散にブログの記事を少しずつ、複数同時進行で書いて、出来た順に公開していった。日が経つにつれて嵐にしやがれ鉄腕DASH、ニノさん、トキカケの録画がどんどんHDDに溜まっていった。終わったら絶対に録画見てやる。人生で初めて、達成しなければいけない明確な目標に向かって必死に勉強をした。




その結果が来た。不合格だった。


3級と2級のダブル受験だったのだが、通ったのは3級だけだった。「凄いね」「あんなに苦手だったのに頑張ったね」「おめでとう」と色んな人に言われた。けれど、欲しかったのは2級だった。100点満点中70点以上で合格。62点だった。悔しかった。あと2問程あってれば合格だった。70点と100点は30点の違いがあっても同じ"合格"だが、70点と69点は"合格" と "不合格"なのだ。教えてくれた先生に申し訳なかった。とにかく情けなかった。そしてあの先生にはきっと、たぶん、無茶をした落ちぶれとでも思われてるんだろうな、と思った。見返すことが出来なくて、悔しくてしょうがなかった。結果が伝えられた放課後、テスト勉強しながら学校で泣いてた。情けなかった。


もう一回、家で解いてみた。どうしても5箇所、答えが出なくて、今までのこの頑張りは何だったんだろうって思った。2級が欲しかった。一年前に既に2級を取得している頭のいい同級生が羨ましい、と心から思った。勉強だけじゃなくて趣味も充実していてどこで勉強しているんだろうって位隙がない。全てが上手くいっていて羨ましい。いくら私が何かを我慢してこの勉強を突き詰めていっても、あのひとの能力に到達することはないんだなと思った。自分が誇れることなんて、ワープロの速度が速いくらいだ。自分が頑張ったといってもその頑張りは誰かにとっての普通のことなのかもしれない。自己評価なら頑張ったなんていくらでも言えるけれど、アホなりに計画を立てて頑張った。


結果が全てだ、と前にどこかの先生が言っていた。結果が良くとも悪くとも、そこまでのプロセスなんて評価されない。いくら頑張っても合格でないと意味がない。頑張りました、と言っても「でも不合格じゃん(笑)」と失笑されるだけだ。悔しい。とにかく私は悔しい。
悔しいんだよ!!!!!!!!!クソ〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!

あー欲しかった!!!!資格欲しかった!!!!!これが挫折ってやつか、親戚のおじさんに、はやく若いうちに挫折経験しとけよって言われたけど今じゃなくていいじゃん????なんで今私挫折した?????なんで今?????もう少し前に挫折すればよかった!!!!!

はあ〜〜頑張ります。終わったことを嘆くのは意味ないのもわかってるんですけど、悔しくて虚無感たっぷりの今の心情を書き出しとけばまた頑張ってやろうって思うだろうなって思って書いてます。また頑張ります。これだからお前はって言われるのムカつくので頑張ります。

二宮くんおめでとう、ありがとう

二宮和也くん33歳おめでとう!!!!!




ここんとこ忙しくて当日にかけなかった悔しい〜〜〜!!
二宮くんのすきなところ、自己満足で2500字以内で書きます。西野カナじゃないけど。制限設けないとだらだらになるので!!!!

まず、横顔がきれいなところ。わたしは山田太郎ものがたりの横顔で二宮和也を知ってしまったから。涙の膜が薄く張ってる山田くんの目がキラキラしすぎていて、この人は誰なのか、調べずにはいられなかった。調べていくうちに気づけば好きになってしまいました。チクショウ!!!!!!

ドラマの中の二宮和也に堕ちてしまったのでやっぱり演技も魅力だな、と思います。こういう世界に踏み込んだことのない人間が、彼のお芝居を評価するような真似は出来ないのですが、二宮くんのお芝居が本当に大好きです。うまい下手はよくわからないけれど、ふり幅がすごい。可愛い時もあれば本当に悲しそうな表情をしたり、怒りを露わにして叫ぶようなお芝居をしたり。当たり前だといわれればそうなのかもしれないけれど、ずっとこの人の演技をみていたいと思う。目が離せない演技。

二宮くんの哀愁漂う猫背も好きです。猫背とセットでどこか哀しそうな目も。またお芝居の話に戻るんですが、何かを心に抱えて哀しそうに笑うような演技をする二宮くんをみていると物凄く胸が痛むんですよ、役だってわかってるのに。楽しそうでも、なぜか目はいつも終わりを見据えてるみたいな。存在自体が儚くて、消えてしまいそうでこっちまで切なくなってしまう。世の中の全てをこの目でみてきた、とか、お前に何がわかるんだって言わんばかりの目で睨みつけるような演技をするあの顔も大好き。キラキラの目線ビームで周りの人を骨抜きにする役も大好きだけれどまだ若いのに、周りにうすくバリアを張っているような、どこか投げやりな雰囲気もたまらなく好きです。


こうやっていろんな人から「君の演技は素晴らしい」って賞賛されることがたくさんあるのに、謙遜したり、「俺がアイドルだからドラマとかに呼ばれていると思ってる(意訳)」とか言ったりするところも好き。
amnosohmy.hatenablog.com
過去記事にも書いたけれど、いつも謙遜する二宮くんが「悔しかった」って言ったのがとてもうれしかった。二宮くんのうちにある、お芝居への熱意やプライドがその言葉に詰まっていた気がした。
自分の職業、アイドルに誇りを持っているところも大好き。「俺は俳優でも歌手でもなくて、アイドル」って当たり前のように言う二宮くんがとても好きだ。いろんな制約があるであろうアイドルを楽しんでくれているのが嬉しい。
自分の努力を表舞台に出さないように努力をしているところも。努力をしなくても色々できるような才能も持ち合わせてる二宮くんも大好きです。常に凄いことを、さらっとこなしている二宮くんだけれど、きっと実は裏で頑張っているんだろうなって考えることが好きです。

二宮くんの作る曲も好き。よく「中二っぽい」って言われるけれど私はそこが好きです。回りくどいような歌詞も二宮くんらしくて好きです。まっすぐで胸に刺さる歌詞も大好きです。「他の人を愛しても他の人でしかありません」なんてもう、二宮くんだなぁ、と。応援歌のような歌詞なのに"どこにでもある唄。"って題をつけるのなんかもうニノミヤ・ザ・ワールドですよ!!!!!なんとなく、押し付けるわけでもないようなこのタイトルの曲がどれだけの人を励ましてるんだろう。歌声も大好きです。"どこにでもある唄。"で気持ちを全部ぶつけてるような歌い方も、"秘密"や"ROCK YOU"ソロパートの可愛くてあざとい声も、"DearSnow"やアラフェスでの"still.."の一人でうたう冒頭パートの切ないような歌声も、"キャラメル・ソング"のあっまい声も、"イン・ザ・ルーム"のねっとりしてて色気たっぷりな歌声も全部大好き。

まわりを見てしっかりと、誰にも不快感を与えないツッコミをするところも大好き。気配りを忘れないところも。たまに自分にツッコミがくると、すぐ耳が赤くなるところも可愛くって大好き。


二宮くんが紡ぐ言葉も大好き。なんだか難しくて、屁理屈に聞こえるけれどその言葉の底にはしっかりと真意があって、優しくてまっすぐなところが好き。素直にストレートになかなか言わないところも二宮くんらしくて好き。MOREのItとかそろそろ書籍化しないかな!!!!


コンサートでキラキラしている二宮くんも大好きです。歌って踊るかっこよくてかわいい二宮くん。モニター越しにみた、目を細めながら会場を見渡す二宮くんが忘れられません。二宮くんが幸せそうに見渡すペンライトの海の一つの光になれたのが幸せです。…なんか私ポエミーですね!!!!!!!でも本気でマジでガチであれは幸せでした!!!!手を振りながら花道を歩いていく二宮くんなんてもうまぶしくてしょうがない。輝いたのは鏡でも太陽でもなくて二宮くんでした。どうもありがとうございました。
楽器を弾く二宮くんも好きです。ピアノ弾いてる姿が特に。多分私楽器弾ける人を好きになる傾向があるんだとおもいます。二宮くんは手と足だけじゃなくて体全体でピアノ弾いてる感じがして物凄く好きです。



とにかく二宮くん、大好きです、ありがとうございます。まだ私20年も生きてきてないけれどずっと二宮くんのこと好きだと思う。こういう人になりたい、って尊敬もずっとする。魅力はどこですか、って聞かれたら「ほぼ全てです」と答えたいくらい二宮くん大好きです。二宮くんに盲目すぎる、と言われれば盲目だなあと思いますがもうしょうがない。全部好きだなんて阿保だと言われてもしょうがない。全部好きなんだもん。
とにかく、生まれてきてくれて、この世界に入ってきてくれてありがとうございますとしか言いようがないです。今日は入所記念日らしいですね、ジャニーズにはいってくれて本当にありがとうございます。
このお仕事を続けてくれてありがとうございます。どうか、体にだけは気を付けてください。

アリーナツアー行きたい~~!!!!身内にブログバレた~~~~!!!

分かってます、こういうのは黙っとくのが一番、心の中で悔しがっとけばいいって、分かっているんです。でも、でも、

行きたかった!!!!!!!!!!
ッカア~~~~~~!!!!!!!!!行きたい!!!!!!と羨ましがってるだけです。最初に謝っておきます、ご気分を害してしまいすみませんでした。当選した方、本当におめでとうございます!!!!!!楽しんできてください!!!!各会場のレポ楽しみ!!!!!!!!



これまで何度も落選し、「あ~行きたいなぁ~いいなぁ~DVDいつ発売かな~!!」と超ポジティブにコンサート見送ることができるメンタルを習得した身としては、先日やっと行けたjaponismでもう満足で、今回のアリーナも「どうせ落選だけどこの前ドーム行けたしおなかいっぱいだから良いか!!」みたいに、少しだけ大らかにオーラスまでの日を過ごすつもりだった。見事落選だったけれど毎度の事で慣れてるしダメージも一瞬で済んだ。無事に始まって無事に終わることを祈るだけだった。祈るだけだったはず。でもさあ!??!?!!



二宮くん秘密やったっていうからさあ!?!!!??!?!?!?!!!


二宮くんの秘密〜〜〜はあ行きたかった~~!!!!しかも日程夏休み!!!!素敵!!!!!!学校から咎められることもなく!!!!ドーム行く交通費の10分の1以下で済むし!!!!ええ~~~!!!!!素敵!!!!!日帰りで行ける!!しかも秘密を近距離で歌ってくれるなんて!!!!!!距離が近いの~~~!!!!!アリーナだから!!!!!!眼福そのもの!!!!!ああ!!!!行きたかった~~!!!!!!


(*.゚ー゚)「♪それ(アリーナツアー)はきっと幻じゃない〜」(大ダメージ)

好きになったのが2008年のドリアラツアー始まった時期くらいで、嵐がツアーやってるなんて知らないし前年のTimeを最後にアリーナ公演してないから『アリーナ懐かしい〜!!!』とか言えないんですよ、うわー言いたかった〜!!懐古したかった〜!!!!古株とか新規とかそういう問題ではないんですけど「おかえりなさい!!!!」って迎えたかった~~!!!!!



それから三日月!!!!!!!Japonismの中で1番生で聞きたかったのにドームでやらなかったのはなぜ!!!??!?!ねえ何で?!?!?潤くんなんで??!!?あなた絶対この曲すきでしょ??!!!無機質に加工された声なのに何故か優しくて暖かく聞こえる素敵な曲なのになんでドームでやらなかったの?!!確かにDIGITALIAN寄りの曲の感じだったけど和の感じもはいってるから、演出の中のひとつの山になると思ったんだけど!!!!!!!!もしかして、あえてアリーナ用に残したとか…。あああああーー聞きたかった!!!!やらない理由も聞きたい~~!!!いきたかった~~~!!!!!!!!!




「アリーナだから近い、という距離感じゃなくてアリーナならではの魅せ方を重視している」って櫻井くんが発言したらしくて、ああ、さすが特定の人にはあまりファンサしない櫻井くんだなあ、嵐だなぁ、好きだなあ、って思った。アリーナだから近い!!羨ましい!!!!!とか騒いでごめん。でもアリーナならでは、って!!!!気になる~~~行きてえ~~~!!!!DVD待ってるよ~~~!!!!!!

「ファンのみなさんに向けての思いを歌詞にした」と、五人が作詞に携わった今回のアリーナツアーのテーマ曲『ただいま』にこんな歌詞が。

いつも待たせてばかりごめんね

あ~~~~もう本人直々に謝られたら、何も文句言わずに待つしかないじゃないか。嵐大好き。行けなくてごめん。マジごめん。なかなか会えないけど、会える機会たくさん作ってくれてありがとう。Japonism待った甲斐があったよ、夢みたいに楽しい時間が過ごせるのはわかってるから待つのは苦じゃないよ!!!!!いつか会えるんだったらずっと待つから!!!忙しいのはわかってるから謝らないで!!!!!!待つから!!!!!!こっちこそごめんて!!!!!!!!

また待ちます、次の機会まで待ちます。グッズ買いに行くついでに会場周辺のゴミ拾いでもしようかな~~!!!!!嵐の地方斡旋は地方経済を潤す!!!!!一瞬だけど最強の地方活性化だ~~!!!!(たぶん)

ありがとう嵐!!!!!!!!映像化も待つからね!!!!!!!!!












それから、ブログバレました。妹に。


「ねえ、姉ちゃんブログやってる?」


「えっ」


「"こじらせまくり"ヤバ!!!!爆笑!!読者300人くらいいるし!!!」



いやあ、最近の子は怖いなあ!!!!!本当に!!!!!!!!!!これがデジタルネイティブってやつか!!!!!私もデジタルネイティブなのかな!!!
つい最近までYAHOO!きっずでゲームしてたり「"ちゃ"ってどうやって打つの?」って人差し指でキーボード押してたのにねえ!!!!!!いつの間にか姉ちゃんのブログまで見つけてしまったのか!!!!どうやってみつけたんだよ!!!
まあ別に公開してることで隠しては無いし、やましいこと書いてる訳でも無いから良いんですけどね、ちょっとね、ほら、身内って恥ずかしいじゃないですか。姉ちゃんキモヲタだなってね。私が同じ立場ならもうドン引きですよ、松潤の産毛のくだりとかキモい。キモすぎる。『どうだった????コンサート!!!』ときいて「嵐かっこよかった、すごかった」って平然と一言だけ語った姉が、現場ではあんなに「sdhjhfwfん!!!二宮く゛ん゛!!!!」とか大興奮してたとかもう驚きですよね。こんなんだから彼氏できねえんだなとか思われてます、きっと。まあ図星なんですけど。366人の読者さんありがとうございます。


あとLINEみたいに『ほんとヤバい!!!爆笑』の"爆笑"まで口に出していうの、面白いけどなんか馬鹿っぽいのでちょっとやめて欲しい。イマドキ中高生の流行り??『バリ美味しそう』とかなに!?!????どっかの方言かと思った。
妹よ、バリダサいからやめた方がいいよ!!!!!爆笑!!!!!!!!!ブログの文字大きくしたり色変えたりしてるのがダサいって???わかってるよ私も!!!!!!!








前回の記事に沢山のコメントありがとうございました、ブコメも含めすべて読ませていただきました。引用させていただいたブログ、その他意見をいただいたブログに関してですが、私は批判として受け止めてはいません。むしろ、こういう意見もあるのか、と有難く頂戴しています。あー調子乗ってるようにみえたのか~、反省してないように見えたのか~、こういう先生は社会から見たら「生徒に媚び売る教師」に見えるのか~、と教えていただいたことは様々あります。批判を受けたから、ではなくて意見に納得したからだということ、それから社会問題にはしてほしくないな、とも思ったので取り下げさせていただきました。取り下げてもどっかに記事残ってそうでアレなんですけども。10563年後くらいに再公開しようと思ってるので皆さん生きててください。よろしくお願いします。

後編について

前回書いた記事が物議を醸しているようで、反響も大きく驚いています。たくさんの方に見ていただいて有難い気持ちもあるのですが、同時に色々な感想、ご指摘も多くありました。その中で

早退ではなくサボってまでコンサートに行くなんて…ジャニーズ事務所は…これだからジャニヲタは…という負のイメージを持つ人もいるだろう。

学校を早退してコンサートに行くことは悪いことなのか - 愛の構造的欠陥

というご意見を頂きました。

学業をできるだけ優先しながらアイドル活動を頑張ってここまできた櫻井くんがいるというのに、1回とはいえ学校を早退しコンサートに行ったことは本当に反省しています、もう二度としません。私のために厳しく、嫌われる事も躊躇わず叱っていただいた先生には感謝の気持ちも多くあります。
ただ早退してコンサート行ったことに関して、武勇伝的に悪自慢をしたいような記事ではありません。クソ生意気な学生に思われても仕方が無いですが、嵐が最高だったという備忘録として多くのヲタクの方々と興奮を分かち合えたらな、と思い記事を書かせていただきました。しかし、インターネットは全世界につながっています、ジャニヲタであろうとなかろうと誰でも見れる状態です。

わたしのあの記事のせいで、先程のいただいた意見のように「これだからジャニヲタは、」とジャニヲタでない方に言われてしまうきっかけになったのかもしれないと思うと申し訳ない気持ちでいっぱいです。学校でよく言われる『○高の看板を背負っている』というのは、どう置き換えても通用するのだと気付きました。わたしがどれだけジャニーズが好きといえども、くだらないと思う方々が沢山いるのも重々承知しています、趣味というのはそういうものばかりだと思います。はてなブログのジャニーズグループ内の記事がどれも面白く、愛に溢れた文章でジャニヲタであることの素晴らしさ、楽しさを改めて認識することが出来た場を汚してしまったかもしれません。迷惑をかけてしまいました。本当に軽率だったと深く反省しています。すみませんでした。後編は、一旦下書きへ引っ込めたいと思います。前編は「初めてコンサート行った人間の感想」等適当な題で見直し、近々書き直したいと思います。

楽しみにしてくださった方、沢山の意見や感想、ご指摘、ありがとうございました。

学校を早退しコンサートに行ったら、翌日には知れ渡っていて生徒指導になり教師陣に盛大にヲタバレした話【前編】

まあ聞いてくれ、反省はしている、だが後悔はしていない。日本が誇る最高のエンターテインメントショーを味わえたからだ。
これだけは言わせて欲しい。言わないけど、なんて謙虚になるのは勿体無いので声を大にして言いたい。はじめての深い愛おしさは嵐だった、戸惑うほど切実な祈るような恋も嵐だった*1と。しょうがないよね?!??日本経済動かしちゃうような国民的アイドルが木曜日・金曜日・土曜日でコンサート日程組んじゃうんだから従うしかないよね???!?「学校あるんで平日にコンサートやるのやめて下さい」とか嵐様に言えなくね????『平日のコンサート問題』なんて地方学生の誰もが直面するじゃん????「学校終わったら18時からコンサート♡」とかできないしね???????


平日当たっちゃったんだもん。学校あるけど行くしかないじゃん????????

さらっと「当たったから行った」と書いたけれど、正確には「嵐を好きになって約8年、ずっと行きたくてしょうがなくて、コンサートのDVD観ては『嗚呼羨ましい行きたい私の名義当たれ行きたい、同じ空間にいたい、C&Rしたい、ペンライト振りたい、うちわ持ちたい、煽られたい、ファンサほしい』と呟き続け、やっと、やっとチケットが当たり、テレビと雑誌でしか見たことなかった、大好きな嵐に交通費宿泊費チケ代合わせて約40,000円(短期バイトの給料)かけて会いに行った。」が正しい。ココ重要です、先生。


いやもうこれ一生のネタなので書き留めておきますね、今さらjaponismの感想書くのも…って感じですけど。「私は何もしていない、八年間ずっと会いたかった嵐にバイト代で会いに行っただけだ」「学校に無断で平日に外泊とか死にたいのか?殺されてえのか?」と生徒指導の先生と言い争い、バトったのは高校生活の良い思い出になることだろう…。



※前編では、初めてコンサートに参加した人間の感想を臨場感たっぷりにお届けします



金曜日朝8:00、私は学校にいた。今日の夕方からコンサートなのに。会場まではここから3時間弱かかるのに。高校生活2年間、学校を私用で休んだ事が一度もなかった為、休む行為に対して罪悪感があった。なので、朝礼のみ出席して早退という何ともずる賢いシステムを考えつき実行した。担任には正直に「コンサートに行く」と言ってあった。準備満タンである。朝礼が終わり、駆け足で学校を出て電車、船、バス、新幹線とあらゆる公共交通機関を駆使して綿密にシミュレーションを重ねた通り、順調に会場へと向かった。



8年我慢したご褒美なのか、席はアリーナだった。20分前に会場に入った。人の多さ、むわっとした熱気、嵐にしやがれやVS嵐のスポットCM。私の知らない世界だった。DVDには嵐のいない、客が入場して開演を待つ風景は収録されていないけれどDVDの世界だった。とりあえず落ち着かせるために「席どこかな!?!??!?!」とかしゃべってたけど多分呂律回ってなかった。アリーナはパイプ椅子で綺麗に埋まっていて、しかも椅子のひとつひとつにペンライトを自動制御するための特別なシールや席番号が貼られていたのである。ここでの3公演のために会場を整備してくださった設営スタッフに感謝の気持ちでいっぱいになった。オイオイ私純粋かよ、と思ったがそれくらい何もかも特別に感じる初めてのコンサートであった。自分の席につくと、隣には柵があって、柵の向こうには謎のレールっぽいものがあった。私たち4人の中で、私含めた3人はジャニーズのコンサートが初めてだった。「なにこれ、通路??それともなんか通るの???」困惑する私に、関ジャニ∞のファンで、大阪や福岡へよくコンサートに行く子が興奮気味に言った。


「ねえこれもしかしてムビステじゃね???」


ムビステ、ムービングステージとは、『 ジャニーズのコンサートは、ファンに近寄ってなんぼ』と、嵐の松本潤が考案し嵐の2005年のツアーから使用されている、ジャニーズオリジナルの可動式ステージだ。動くことによってファンの頭上を通ることができ、ステージはアイドルの顔がよく見えるようにスケルトンになっている。ハワイでコンサートを行った際にはわざわざ日本から持ってきたという、嵐のコンサートには欠かせない存在だ。レールが横にある、ということは、つまり、その、あの、あれが、ムビステが、真横を通るという、そういうことだった。
は、吐きそう~~~~~~~~!!!!!!!!!!
心臓がバクバクした。アリーナだけど身長低いからどうせ埋もれる、でも行けるだけ本当に感謝しようと腹をくくっていたがまさかこんなに良席だとは。半径5m以内くらいに嵐の誰かが来るのか…近いな…8,500円プライスレス。私たちの席の前にいた女子大生っぽい4人組も「えっ?!?席やばい!!!!ムビステかなこれ?!?!?やばい!!!」とざわついていたので、声をかけ少し仲良くなった。ムビステ真横という興奮を前後4人づつ、8人で分かちあった。後ろのおばさん4人のうち1人は、「昨日の翔くんはなんか怒ってたけど今日はどうかな、機嫌良ければいいけど…」と、連日参戦を遠まわしに仲間へ自慢していた。


自動制御の為、席のシールにペンライトをタッチするという作業をして、ピンク色に点滅する球状のペンライトをみて感動してみたり、会場を見渡してみたり、メインステージのセットをみて心を落ち着かせながら待っていた。すると、「キャァァア」と、一部方面からざわついた様な声があがった、開演時間5分前くらいの出来事だった。!?!?!??!?!!?!なにいまの!!DVDにはこんなのない!!DVDには開演数秒前からしか収録されていないから想定外だった。完全にDVDの中の世界にいた私は急に現実へと引き戻された。
今ほんとに私嵐のコンサート来てんだ。やばい。今から始まるんだ。嵐みれるんだ、二宮くんみれるんだ。わたし朝学校いたのに何で今から嵐に会えるんだ??!?頭の中パニックになった。コンサートいったら絶対泣くよって聞いて、内心「んなわけないでしょ」って思ってたけど御免なさい、嵐登場してないのに泣きました。ウッ…二宮くん愛してる…。どうやら円陣を組んでいる声が聞こえてきたらしい。何それ!?!???!?聞きたかったなあ!?!?!???


オープニングのアニメが始まった。それぞれが昔にタイムスリップしてどうたら〜みたいな内容だった、二宮くんは武士だった。(涙拭くので必死だったから他覚えてない)5人に『 今をどう生きる?』と問いかけられた。逆にこっちが聞きたい。わたしは今からどういうモチベーションで嵐のコンサートみればいいんだ???????

アニメが終わった後、暗転して、メインステージの「Japonism」と描かれた幕が下りた。あ、嵐来る嵐来る嵐来る、やばい、嵐来る。どうしよ?どうする??いやまっとけよ。これ多分声に出して言ってた。友達ごめん。イントロが始まった。会場が明るくなった。そして、さっきの幕のところに5人のシルエットが。
うわ、嵐だ。
アホみたいな感想だが、普通に嵐だった。悪い意味ではない。良い意味で普通に嵐だった。でも画質はブルーレイ以上だった。本当に嵐いるんだ、都市伝説じゃなかった。会場は歓声に包まれた。DVDよりも、ずっとずっと歓声が大きかった。

登場した嵐は、30mほど離れた場所からみてもやっぱり格好良かった。DVDの様に、モニターには嵐一人一人の顔がはっきり映し出された。勿論かっこよかった。けれどその時は、それよりも、小さいけれど肉眼でみえる嵐5人の姿の方が格好良く見えた。なんの媒体も介さずに肉眼で見れた嵐。私はきっとこの先、今みている風景をずっと忘れないだろうな、と思った。ずっと忘れないでいようと誓った。



(ノノ`∀´ル)「4万人で俺ら5人幸せにしてくれんの?」

わたし「sdhjhfwfん!!!!!!!」


(ノノ`∀´ル)「幸せにしてくれんの?まずは俺ら5人で4万人幸せにしてやるよ」

わたし「ふぃdmsま!!!ううッ!!!!」


このやりとり生でできた感動で嗚咽がとまらなかった為黄色い悲鳴には程遠い声で答えてしまった。


5人がSakuraを踊り歌っているとき、私は嗚咽を抑えながら泣きつつ、まっすぐステージを見つめていた。作ったうちわを胸の高さで持ちながらペンライトを持って、阿呆みたいにまっすぐ前見てた。うわあ嵐だ、ほんものだ、相葉くん顔ちっさ、とかそういうの思いながら見てた。めっちゃアホ面だったと思う。

ムービングステージでバクステへ向かいながら歌う嵐、曲はワイルドアットハートだった気がする。こちら側のムビステには、松潤相葉くん二宮くんがきた。自担である二宮くんはステージの右はじに行ってしまった。遠くにいた。相葉くんは真ん中、松潤はこちら側のはじにきた。そしていよいよ私のとなりにあるレールを通りながらムビステが向かってきた。ワクワクした。ディズニーのパレードでミッキーのフロートがこちら側に来るのを待つような気分だった。嵐みんなミッキーみたいな。
ムビステが横に来た。私の頭の斜め上に松本潤がいた。私と松本潤の距離は5mもないくらいだった。でもとても近かった。教壇の先生と前から三番目の席のワタシ(ケータイ小説か)、みたいな距離。松本潤の歌う表情がはっきりと見えた。あちら側からの光に当たって産毛が光って見えた。ま、松本潤の産毛が神々しい…!!!!!(キモいのは重々承知している。潤くん、もし見てたら今すぐホームボタン押して…)松本潤の股越しに松本潤の顔を見た。私はなんて贅沢な変態なんだろう。キラキラしていて恰好良くて綺麗でキュンキュンした。松本潤超かっこいい!!!!!!!ずるい!!!!!!!!!!息できないくらい恰好いい!!!!!!!私の行動に私自身が驚いたのだが、私は斜め上を通り過ぎる松本潤を見上げていただけだった。あまりにも松本潤が恰好いいもんだから口あんぐり開けて固まってしまった。この時、恋愛論かなにかでよく聞く「パーソナルスペース」という言葉を思い出してた。この距離ってもしかして、あれか、ホンマでっかTVとかでやってた恋のパーソナルスペースなのか、松本潤ってこういうのも計算してんのか、すげえなと思った。後で調べてみると、Wikipediaにこう書いてあった。
近接相(3.5〜7m)2者の関係が個人的なものではなく、講演者と聴衆と言うような場合の距離。
私と松本潤の関係は、やっぱり講演者と聴衆でしかなかった。かなしい〜〜〜〜!!!!!!



それから二宮君のソロ曲「MUSIC」。タップダンスってことしか聞かずに行った為楽しみにしていた。最初スポットライトを浴びて出てきた。ステッキもって、上下真っ白な衣装で詳しくは見えなかったけど、なんだこれ、自担可愛いいいい〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!ってなった。白い服って二宮くんのためにあるんじゃないのってくらい、彼には白が似合う。曲が始まる前にタップダンス少しするんだけど、靴が音響と連動しているらしくタップの音に混じって、たまに赤ちゃんのピーピーなる靴みたいな音になって会場がキャーーーカワイーーーーってなる。確信犯二宮くんはここで人差し指を口元にあてて
(.゚ー゚)「しーっ♡」
ハア!!!!!!!!!!二宮くんったら小悪魔なんだからもう////////////たぶんこの瞬間ヤフオクドームで一番女子力高かったのは二宮くん。会場静かになったらまた「またさっきみたいに沸けよ!」みたいに煽ってくる。「キャーー」ってなるヲタクたち。自分の指示通りに叫ぶヲタクに二宮嬉しそう。二宮くんが地球滅亡レベルで可愛い。彼の作詞作曲した曲ではないのだが、他人から見た彼の魅力を思う存分引き出そうとしているとても可愛らしい曲だ。30のおっさんが歌うには恥ずかしい。でも、二宮くんはタップダンスでリズムを刻みながら、それはそれはキュートに時折首をかしげるような仕草をして歌っていた。遠かったけど可愛すぎた。なに??お持ち帰りされたいの??ってくらいあざとすぎる。
そうだった、私はこのあざとい二宮くんが好きで二宮和也のファンになったんだ。山田太郎ものがたりで「それ、横綱コロッケだよね?」って首傾げてうるうるな目で多部ちゃんを見つめるニノを見て、小学生だった私は、ニ、ニノミヤくん…ってなったんだった。ファンになりたての時は思い切り「にのみやかずや」って呼んでた。
話は変わるが、ディズニーシーの「ビッグバンドビート」っていうショーで私は初めてタップダンスを見た。ミッキーがバリバリかっこよくドラムをしてる前で外国人のキャスト何人かがタップダンスをする。靴だけでリズムを作るのは難しそうだったが凄く格好良かった。今日あんたら誕生日か何か?ってくらいめちゃくちゃ笑顔で前を向いて後ろで手組んでパタパタパタタタ。彼らの仕事はビッグバンドビートでタップダンスを踊ることだ。
二宮くんも笑顔で、しかも歌いながらタップダンスをしていた。タップダンスはリズムさえ刻めばいいというものではない。曲の間奏でステージの床のモニターには音ゲーのような画面が表示され、二宮くんは高速で流れてくるマークみたいなのを踏む。高速だから正確に踏めばタップダンスになる。正確に踏まないと画面と自分の動きにズレが生じるだけでなくタップも曲とずれるのかもしれない。彼はそれを完璧にこなしていた。ビッグバンドビートの外国人みたいに格好良かった。いや可愛かったけど。難なくさらっとこなしている様に見えるタップダンスが凄かった、きっと収録とか撮影とかハードスケジュールの中たくさん練習したんだろうけどその片鱗もみせない軽やかなダンス。彼の練習の成果を生で見れるというあの贅沢感で、まだ七曲目だったけれどおなかいっぱいだった。
それから、二宮くんは智くんと一緒にバク転してた。そう、バク転してたんだよ!!バク転すげえ!!日本よいとこ摩訶不思議、後輩の嵐が歌っても全く意味不明だったが格好良かった。バク転のとき、二宮くんの腰のことが一瞬頭によぎったが、彼はこうやってファンが心配する事を嫌がるだろうなって思ったから気にしないようにした。


このjaponismの中で私が特に好きだったのは、「潤ソロ→イン・ザ・ルーム→マスカレード」の流れ。考えたの誰????天才?????松本潤、カッコイイだけじゃなかった。エロい。服着てんのに服着てないみたいな(?)。色気!!どっから出てんだその色気!!!!!この頃には私も普通に会話ができるようになった。潤くんなにあれエロすぎない??????ソファー座ってるだけなのに。なんか誰かに追いかけられながら歌ってんのもカッコイイ。結構たかいステージででんぐり返ししてて、格好良くてキャーキャーしてたけどあれやっぱりよく考えたらただ前回りしてるだけだよね、でんぐり返しでも格好いいってなに。松本潤ずるい。イン・ザ・ルーム。嵐格好良すぎ。モノクロのときも椅子座ってたけどあれよりセクシーかもしれない。二宮くんは自分の姿がうつる鏡を覗き込んでネクタイを緩めるみたいな仕草をしながら歌っていた。鏡の斜め上に取り付けられたカメラをチラ見しながら。なにそれ~~~~~かっこいい~~!!!!ずる~~~い!!!!!!!モニタ越しにヤられた。各自ソファーに座ったり気怠い雰囲気で歌ってるだけなのにセクシー。服もちゃんと着てるのに。程よくおじさん。これ櫻井翔めちゃくちゃ格好良かった。ど真ん中にいて帝王感やばかった。ラップの吐息やば。櫻井さんこのアルバムなんか攻めてません??ソロは不倫の曲っぽいのやっちゃうし??いいぞもっとやれ。


櫻井くんソロの話。衣装が、というか雰囲気がもう櫻井翔だった。恰好いい。赤が似合う。帝王様様だった。まわりから炎が出る演出の中、冒頭からスネア叩いてスティック回したり投げたり、ここでも攻める櫻井翔。あれ、こういうのセクゾやってたよね。そして、練習しぬほどしました!って伝わるくらい顔が真顔。というのも私が行った日の前日、彼はここの演出の際にスティックを落としたみたいで、一部のファンから笑い声が起こり櫻井くんそれをMCで少し話題にして怒った…と。後ろの席の自慢おばさんがめっちゃ話してた。櫻井はイヤモ二両方つけて、真顔でドラム演出。櫻井スネアソロパートっぽいのが終わると拍手が起こった。17日にはなかった拍手(連日参戦おばさん談)。ラップ歌いながら順調にjrのシンバルとの演出も終わった。やっぱどう聞いてもRollingdays不倫の曲なんだけど…。どエロかった。こんなエロい曲出してんのにキャスターとかなんだおい。でも格好良かった。「シタノホー調子はどうだ??」でペンライト振れたの超楽しかった。「女の子調子はどうだ!」イエー!!福岡県民でもないのに嬉しかった「調子はどうだ福岡ー!」イエェエエェ!!!!!!!!


FUNK様!!!新興宗教!!!!!!終始相葉くんは格好良かった。なんかさっきから「格好良かった」しか言ってないけど本当に格好良かった。顔小さいし脚なが。天使。ファンタジー相葉。花道やステージにいる相葉くんが視界に入っては条件反射で「脚長っ」「顔ちっさ」って言ってしまう程スタイルよすぎた。それから、ずっと笑顔で手振ってた。バラード系の曲のとき、自分の歌うパート歌い終わって照明別の人に移った途端めっちゃ笑顔で客席に手降ってる。他の人歌い終わっても切ない顔してんのに。可愛すぎる。天使。エンジェル。ソロでは気球に乗ってやってきて「Mr.FUNK!!Mr.FUNK!!」って煽って、終わりの方に脱いで着替えて、命綱なしで大きい長い布にしがみついて、一番上まで登って自分の身体にまきつけてた。シルクドゥソレイユみたい。「俺の名前はなんだ?」『Mr.FUNK!!!』ここで手離したと同時に相葉くんの身体が高いところから落ちていった。いやいやいやいや聞いてねえよ相葉くんここで死ぬの???え??ってなってたら頭逆さまにして途中で止まった。!!!!!!!!!!!!!!落ちると見せかけて落ちないやつ!!!私レポ極力見ないようにしてたしこんなの聞いてなかった。心臓3拍くらい止まった、いやほんと冷や冷やした。練習いっぱいしたんだろうけど命懸けすぎるよ相葉くん死なないでお願いだから(半泣き)


智くんの破壊力。櫻井とトゥルーラブしてるのちゃんとみたからね!!!!!ダンスキレキレ。顔ふにゃふにゃしてるのに、おじさんなのに、ふとした瞬間でもかっこよかった。あとファンサしまくり。歌ってないときはステージから客席ばっかみてる。と思いきや二宮くんとわちゃわちゃしたりちょっかい出したりもしてる。可愛い〜〜〜♡♡♡♡外周トロッコからこっちに向かって指差して、指でまるっ!ってしてたけど、それ私にしてたって信じてるから~~!!!!!遠かったけど!!!!

MCの時間、しゃべる嵐をただただ双眼鏡で観察してた。野鳥の会化。
(安い双眼鏡だったのでピント合いにくい&興奮の為手ぶれが酷かった。もし今後行ける現場を開拓していけるのであれば、皆さんが口を揃えておススメしている防振双眼鏡を買おうと思ってる)
潤くんと櫻井が昨日の夜の話とかしてる間、二宮くん大野くんがこそこそお喋りしてた。何これ??しやがれ??4ch???ここスタジオ??私番協来てたんだっけ??
「ねえ…なんか、二人で喋ってるよ…」「えっ、本当だ、可愛い…」これはメンバー全員30過ぎたおじさんのアイドルグループ嵐のコンサート最中の女子高生同士の会話である、動物園の猿山前での会話ではない。案の定「(潤くんの話に相槌打ってる途中)…ちょっと待ってね、大野さん二宮さんどうしました?」とか名司会者櫻井翔に止められてた。
ソロも格好良かったし美しかったんだけど印象に残ったのは「ユメニカケル」のソロパート。時止まった。15秒近くのあの瞬間だけ止まってた。みんな智くんの方むいてた気がする。美声すぎ。あれ生歌でしょ…。努力の上の天才、奇跡の大野智にジャニーズ辞めさせなかったヒロム氏に感謝。派閥争いとかされて大変そうだけど、どうか、どうか長生きしてください。智くんも嵐でいてくれてありがとう、「今目の前にあることを頑張れないやつが、何を頑張れるんだ」って四人に言ってくれて言ってくれてありがとう(重い)


MCはJrとの交流のお話だったり、開演15分前に相葉くん智くんで向かい合ってチョコケーキ食べてた話だったり(女子力)、相葉くんがお歳暮で4人ににゅうめん買ったんだけど、嵐あるある(本人談)で間違えて自分の分まで買っちゃったっていう話だったり。二宮くんはにゅうめん嫌いだって。いい話聞いた。昨日の夜何してた?って話もあった。ちなみに私は浮かれまくって寝れなかったから一人ではしゃいだり荷物確認したりしてた。櫻井相葉は3時までJrと呑み、潤くんはJrと映像チェック。二宮大野は寝たらしい。
(´・∀・`)「えーっと~、水飲んでぇ、気付いたらソファーで寝てた。」ナルコレプシーかよ。


昔、嵐のコンサートに来た男の子が、櫻井翔からサインボール貰ったけど後ろの女性に取られてしまってそれを見た櫻井は後からサイン色紙を手渡してあげたそうで、今その男の子がジャニーズJrになっているって話も聞いた。櫻井翔恰好いいなおい。そしてこの話を聞いた私はいつか弟を嵐のコンサートに連れていかないと、と思った。サインボールは貰えなくとも、嵐を見て、あんな風になりたいと思って貰い、進路先をジャニーズ事務所へと決めて欲しい。ドル誌等で質問されるであろう「ジャニーズに入ったきっかけ」の答えに是非「嵐さん」という単語を入れて欲しい。先輩となるであろうジャニタレのDVDやTV番組等資料ならたくさんある、どうにか弟がジャニーズに関心を持てる様、入り口を用意してあげよう。いやまず顔が駄目か。
櫻井「まさに継承ですね。客席で俺らを見てた男の子が、こうして一緒の事務所にはいって。もしこのコンサートをみて…あの、決してオススメはしないよ?しないけど、俺らと一緒にステージに立ちたいって思った子がいれば…待ってるぜ!」オススメしないところが櫻井らしい、というか嵐らしい。企業PRも完璧。今春、ジュリー部署希望の新入社員続出。


二宮挨拶(要約)「こんな大きなとこで毎年の様にみんなと会えて楽しい思い出が作れて嵐幸せだなあ、と。来れなかった人もいると思うけど、日頃から応援してくれるのも感謝してます。またライブがある事を願って。もしかしたら違う形で会えるかもしれないけど。これからどんどん、楽しい思い出を沢山作っていけるよう頑張ります。一緒に作っていきたいと思ってもらえるような5人組でいようと思います」また会おうね!!!二宮くん!!!!(号泣)



嵐のコンサート、最高だった。見える風景すべてがキラキラしていた。ペンライトの演出が圧巻だった。本当に綺麗だったんだよあれ…。5色展開だと思ってたペンライトがピンクや白に光ったときは驚いた。DIGITALIANのDVDみて綺麗だ~近未来だ~って思ってたけれどそれ以上だった。ブロックごとじゃなくて多分個々で制御されてるのかな!!カメラが客席撮っててモニターにうつるんだけど、グラデーションに光ったり和柄や波模様を描いたり、明らかに進化していてスタンドからみたらもっと綺麗なんだろうな、と思った。一体感もあったしこの風景を自分でもつくれているって感じがあってすごい良かった。あいさつの時はフリーになるんだけど、挨拶してるメンバーに合わせて色変えてみたりした。相葉くんが「うわ~綺麗だな~って思ってみてた(笑)」って自分の挨拶のタイミング忘れてたの天使。そんなに喜んでくれるなら2,300円なんか安いもんだよ…


アンコールの最後の最後、ARASHIの一番最後のハモリ、あぁ~~!!!!嵐~~!!!!!ってなった。世界一綺麗な声だった。嵐5人の歌声が一番安心する。ずっとアイドルを続けていてくれる事に感謝して、これからもこの5人をずっと、できる限りずっと応援しようと思った。落ちてきた銀テとペンライトを掲げ、「バイバイ!!!!!!!」ってこれ以上ないくらい手振った。まわりも同じように手振ってて、全部がキラキラしていて幸せだった。最後まで素敵だった。根本的な話に戻ってしまう気もするんだけど、アイドル本当すごいんだよ。現実にあの人たちいるんだよ、「うわ!!嵐いる!!」みたいなあの感じ一生忘れられないと思う。あんまり会いに行けないアイドルもいいものですよ!!と全世界に教えてまわりたい。比較対象はないけれど、本当に本当に良いコンサートだった。幸せだった。嵐が死ぬほど好きだ!!!!!!!!!!!(締めが雑)


ここまで1,1000文字…すごいキモいですね、これ書いてる人めっちゃキモいですね。





後編は「ジャニヲタ、コンサート帰り早々生徒指導部に暴かれる!!!」です!!!!おたのしみに!!!

*1:感謝感激雨嵐