読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こじらせまくり

"夢はでっかく こう描く"

二宮くん最優秀主演男優賞おめでとう


やっと、と言ってもおかしな話ですが、嵐の二宮和也くんが、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞しました。本当におめでとう。


今までもずっと、数々の重鎮から「二宮の演技は素晴らしい」「極希な才能の持ち主」「二宮くんがいい」「君がブルーリボンを獲らないのはおかしい」と評価され続けてきたのですが、「所属タレントの優劣をつけさせない」やらなんやらのJ事務所の方針で、ノミネートされその中から最優秀を決めるような賞レースには参加できなかった彼が、こんな大きな賞を受賞できるということは凄いことなのだと思います。

この事務所の方針を打ち破る程の実力を積んで、賞レースへの道を切り開いてくれたであろうV6の岡田くんも凄いことをしたんだなあと改めて実感し、同時に感謝。彼はただのひらぱー園長ではなく、ただのゴリラでもなかった。




お偉いさんや凄い俳優、女優がいるあの会場でも人たらし発揮する二宮節が出るあたり普段の二宮くんだなあ、と思って見ていた。

でもさあ!?!???まさか泣いちゃうとは思ってなかったじゃん!!??!?!?!???????
テレビ始まって9時過ぎくらいだったけど私まだお風呂入ってないから最優秀主演男優賞発表される前に入っておこうと思って服脱いでたら「黒木華ちゃん助演二回目すご ……え!?!ニノ泣いてる???」って妹の声聞こえたから急いでパンツ履いてリビング出てきた。


いや、本当に、まさか泣いてしまうとは思ってないから、驚いた。しかも自分自身ではなくて、共演した女優さんが獲った事に。二宮くんが涙流すのって、ハワイと24htvの吹奏楽の時としか見たことないから動揺してしまった。でも、感動した。それくらいこの映画に強い思い入れがあったんだな、と。
目赤くしながら、涙拭いた手を添えて「おめでとう〜」って言ってた二宮くんを見て、ああ、私はこの人を好きになって良かったな、とパンツ一丁のまま、心から思った。


助演女優賞の次にももクロが出てきた時に夏菜子ちゃんが「二宮さんになるべく静かにしとけよって言われたんですけど(笑)」って言った時、二宮くんは口元に人差し指あてながら「黙っときなさい」みたいな感じで、ももクロちゃんにも気を遣える二宮くん〜〜〜スキ〜〜ってなった。JUMPの山田くんが話してた焼肉奢った話もそうなんですけど二宮最近めっちゃ先輩感溢れてる、スキ〜〜〜〜♡♡♡♡♡♡





そして、そして最優秀主演男優賞発表。
本当に驚いた顔して、嬉しそうに吉永小百合さんと黒木華ちゃんと手を握りあって喜んでる姿が素敵だった。ああよかったね二宮くん........!!!!!!!



もう、ありがとうございます。昨年僕の先輩である岡田准一君がこの賞をいただきまして、すごくうれしくて、家で「すごいいい酒だなあ」と思って、飲みながら見せていただきました。でも、飲んでいくうちに悔しくて。「俺も欲しいな」という風に、だんだん思ってきたときに、会ったのかな、岡田君と。そのときに、「次はお前だから」と言っていただきました。

そのときは、全然自分の中では、そこまでピントがあっていなかったですし、ここに立つということは思っていませんでしたけど、すごくうれしいですし、「とったな」と思います。2年連続で、僕が先輩の次にこれをいただくのは、すごくうれしいですし、この姿を、まあ嵐の人たちも絶対見てくれてると思いますし、喜んでくれてると思います。

そしてジャニーさんとメリーさんとジュリーさんと、今までずっと迷惑をかけてきた人たちに、これでちょっとは恩返しができたかなと思うと、すごくありがたく、また頑張っていこうと思っています。今日はすごくいい酒が飲めそうだなと。岡田君に自慢します。本当にありがとうございました。
(受賞コメント全文)


トロフィーを持って目潤ませながら、本当に嬉しそうにスピーチする二宮くん。何よりも嬉しかったのが、「嵐のひとたちも喜んでくれてると思います」って言葉。
"どんなオファーでも俳優じゃなくて、アイドル『嵐の二宮和也』にオファーが来てると認識している。俳優だけじゃなくてアイドルが作品に出ることでその作品のアクセントになれば。今のアイドルはここまでできるんだと思わせたい"
日本アカデミー賞という、どの俳優さんでも一度は目指すであろう大きな場でも「俳優二宮和也ではなくて嵐の二宮和也」を大切にしている姿が物凄く嬉しかった。


それから、なぜ去年の岡田くんの受賞に「悔しい」と思ったのか考えた。今まで色んな賞辞退させられてたから?あまりこういった欲を出さない彼が「俺も欲しいな」と思ったんだろう。岡田くんは「ジャニーズだから、何十倍も努力しないと認められない」と笑って話してた。きっと岡田くんは、ジャニーズだから、という理由での偏見をなくしたくて俳優業に打ち込んだのだと思う(勝手な考察)。二宮くんは嵐である自分を大切にしていたから、俳優としての仕事をあまりこなさずにやってきたのだと思う。実際、硫黄島の時もハリウッドからオファーが次々と来たが、二宮くんのこの意思を尊重して事務所は断った。嵐としての活動していくその裏で、岡田くんへの羨ましさと悔しさをバネに彼は努力して、こうして最優秀主演男優賞に選ばれるような俳優の嵐・二宮和也になったのだと思う。ちょっと何言ってんのかわかんなくなってきた。


とにかく、大好きな人がすごく素敵な人なのは嬉しいし、大きな賞をいただいて喜んでいる姿をみて私たちヲタクも嬉しいし、山田太郎ものがたりで堕ちた私としてはこれを機に二宮和也の芝居が多くの人に知られると思うと嬉しい。
ちなみに、私のお気に入りは「DOOR TO DOOR」のお芝居。"二宮くんの演技には二宮くんがいない"を確実に体感できる。英雄くんが自然にいるし、脳性まひのお芝居がリアルなんだけど可愛らしいし、障がいは個性と捉えた二宮くんらしい演技。最後のほうなんかボロ泣きしたから是非見て欲しい。



本当に本当におめでとう、これからもっと役者である嵐の二宮くんをみれる機会がたくさんありますように。

嵐の中で結婚するなら相葉雅紀がいい

小学校の時に流行った「嵐のなかでもし結婚するならだれがいい?」という問いに、小学校の時には二宮和也、中学生では櫻井翔、高校生の今では相葉雅紀と答えている。


私は小学校の頃から変わらず二宮和也のファンである。山田太郎ものがたりとMステでWISHを歌いながらくびかしげてウィンクする姿にやられた。だから純粋に二宮くんと結婚したいと思っていた。

でもここ最近、本気で考えて結婚するなら相葉雅紀がいいと思い始めた。ここからは相葉くんの魅力しか語らないので悪しからず。
相葉くんのパブリックイメージってやっぱり元気とか笑顔で、ずっと笑ってるし馬鹿キャラもやっちゃうし動物好きで元気。嵐の中でいじられ役?って感じだった。最近「やべーよキャラぶれちゃうよ〜」って言いながらドライな発言する事があったりするから本人でもこのイメージは意識してると思う。本当にずっと明るいんだけど、時々、哀しい表情するときがあったり、口は笑ってるんだけど目尻にいつもくしゃってなる皺がなかったり。カメラ回ってない時のぼーっとした目とか、一歩引いた感じの苦笑いとか、優しさの奥にある相手への無関心とか。ずっとこの人明るくて前向きなキャラだと思ってたから、こんな表情もするんだ、って不安になってしまった。相葉くんが楽しそうに笑ってたら楽しいし、悲しそうなら私も悲しい(完全に恋してる)。中学校入ってからこういう相葉くんに気付いてしまった。知ろうと思えば思う程、彼の心の奥にあるであろうドス黒い部分がどれだけ真っ黒なのか想像もできない。たぶん想像は遥かに越えると思う。相葉くんのここが怖くなった。でもそこが好き。元気なのに病弱なところも好き。一番ゾクゾクするのは片側の口角だけきゅ、ってあげる笑い方。マイナス50℃くらいの微笑み。イケメンすぎて怖い。イケメンすぎて怖いという体験をできるのがコンサートだった。マジイケメン。自分にスポット当たってない暗闇のなかでもヲタに手ブンブン振ってた。たぶん手振られたあの辺のスタンドの人達みんな、一瞬葉担への道進みそうになったと思う。葉担は沼へズブズブ。
あと、仲良くなって心開いた人に対しての扱いの雑さが好き。例えば、二宮くんとか風間くんとか。あの優しそうな相葉くんが、「お前ふざけんなよ!バーカ」って相手が自分の事大好きなのわかってて冗談で冷たくあしらうの好き。暴言吐かれたいだけですすみません。たまに出る大デレがあるからもっと好き。二宮が「相葉さんってホントは根暗なんですよ!意外と人見知り!」って言ってたの、これの何がいいって相葉くんのことを何故か二宮が我が物顔でいうところ。コレにのあいの話じゃないからね!!相葉くんの話!

それから相葉くんは天使だ。ガチのリアルエンジェル。相葉マナブのタケノコ掘りロケの途中、突然道端に座り込んで草むらみて何か探してた相葉くん(無言でしゃがんでるだけでもう格好良い)。よいしょって立ち上がると同時に、カメラと、一緒にロケしてた芸人さんの視線に気づいて「ん?あれっ?!」みたいな顔して、「相葉くんひとりでなにしてたの?」って聞かれて、恥ずかしそうにメガネ(伊達)外しながら申し訳なさそうに「……すみません、四葉探してました(笑)」って笑う回。うわ…………なにそれ……キュン///////////いやもうギュン///////////////ガチの素で四葉のクローバー探しちゃう31歳相葉雅紀なんなの?!?!???!天使????妖精さんかな??????羽はどこ?????翼は????結婚しよ????????

あとモテオーラがハンパない。特に年下女性に対しての対応がシヌ。ドラマのクランクアップで女優とハグし合うときのさりげない頭ポンポン。腰に手添えたり手差し出したり。ちっさい女の子との絡みの距離感の無さやばい。喋る時にはしゃがんで視線合わせて喋って、「おいで」って抱っこして、ここでも炸裂する必殺、頭ポンポン。抱っこしてるから相葉くんの唇ちかい。相手一人に対してやってる相葉くんの行為が、見てるだけの私たちを惚れさせてしまう。

相葉雅紀がもし芸能人じゃなかったら、って考えてもやっぱり彼はモテると思う。あのご尊顔の芸術的な造形美とスタイルの良さとを考えたら一般人の相葉雅紀なんか非現実的すぎて想像がつかないけど、中華料理屋の高身長イケメンで、店の看板息子として桂花楼と一緒に「幕張のジョニーデップ」とか言って千葉Walkerに載るやつ。千葉のちょっとした有名人。爆モテ高校生の相葉くんが夜営業で時々レジのお手伝いして、お客さんにお釣り渡す時に添える手と「ありがとうございました!また来てくださいね」と高校生といえども甘いマスクと少し掠れたハスキーボイスと共に笑顔で見送られ女性メロメロ。女性の常連客増える。のちのち親父の跡継ぐ。
桂花楼の餃子めちゃくちゃ美味しいって話題になって、今度はSMAPがロケで桂花楼来て、「店主の相葉雅紀さんは実は昔からSMAPとバスケがしたかったそうで…」というナレーションが入って「そうですね、でもどうやってもSMAPの皆さんと接点は無いので出来ませんよね(笑)今日来てくださって本当に嬉しかったです」と少し寂しそうに笑う若き店主に、中居くんとかが「じゃあ今からやっちゃう?」って言い出して急遽近くの高校の体育館借りてバスケやっちゃう。そこで部活動してたバスケ部やバレー部の女子たちは突然のSMAP来校に大騒ぎ、しかもバスケしだすからたまらない。SMAPの他にもう一人いるけどとりあえず今はSMAPみてキャーキャーする。しかし、SMAPに負けじと次々とシュート(スリーポイント)決める中華料理屋の息子のイケメンさにも徐々に惹かれていく女子生徒達。相葉くんが汗で濡れた前髪をこう、ぐっ、ってかきあげたときに女子生徒思わず黄色い悲鳴、目はハート。ロケ終了後、女子生徒はSMAPと固く握手を交わした後、国民的アイドルグループSMAPよりもお近づきになれる可能性が十分にある一般人相葉雅紀に群がる。高校時代、キャピキャピ系女の子や少し地味な女の子、勉強ばっかしてる男や地元で一目置かれているヤンキーにも、誰彼構わずステキハスキーヴォイスで「おはよ!☆☆☆☆☆☆」と星が語尾に付くほどのステキ爽やかスマイルを朝っぱらから振りまいており、知らない女の子が重い荷物を持ってるのを見かけたら持ってあげたり、女絡みの噂が一切なかったりと学年一モテていた相葉くんだが、本人は全く気付いていなかった&こんなに囲まれた事は高校でのバレンタインデー以来だった為、JKにたじたじの相葉雅紀。とりあえず自分の店の名前と場所を女子生徒たちへ宣伝。
その日から部活動帰りに杏仁豆腐食べに来つつ厨房の相葉雅紀を見にJKめっちゃくる。「美味しかったです♡」に汗拭いながら「ありがとー!」と営業でもなんでもない無邪気なスマイルで返してくれる若き店主。JK悶絶。JKの間で「桂花楼の杏仁豆腐とその店主やばい」とクチコミで噂に。しかし、桂花楼の杏仁豆腐JKフィーバーも4ヵ月くらいしたら収まってしまう。
次々と杏仁豆腐を注文してた女子生徒の中で、ひとり、杏仁豆腐じゃなくて餃子食べに来る女の子がいてその子は何ヶ月も週1のペースで、木曜日の夕方食べに来る。相葉くんはいつも餃子注文する子を厨房から見てるんだけど一向に目があわなくて、その子が来始めて半年位経って、お店が少し空いてるときに、厨房からでてきた相葉くんは「うちの餃子美味いでしょ?」って話しかける。そしたら「あ、…はい!」と目細めてふわって笑って返されて相葉くん思考止まる。ニンニクの臭いめっちゃすんのに超可愛いんだけど。恋始まった。思わずその子に杏仁豆腐プレゼントしちゃう。その日から、木曜日の夕方には必ず杏仁豆腐用意して餃子の子待っちゃう相葉くん。餃子から始まる恋、ピュア〜〜〜〜〜〜





で、なんの話だったっけ?相葉くんとの結婚???結婚しよっか相葉くん!!


相葉くんは悪い女に引っかかってしまいそうで怖いので彼女は事務所の人達に厳選された女の中から選んで欲しいです。一般女性とかつらいからやめて!!!山野ゆりでも水川あさみでも佐々木希でもいいから一般女性は!!!やめて!!!
どうでもいいですけど山野ゆりさんとの流出写真クソエロいですよね、すみませんどうでもいいです。

大卒のアイドルがタイトルを奪い取る

 

 

嵐の櫻井翔さんの34歳のお誕生日まであと30分、を切ろうとしている。

意地でも1月25日までには書き終えたいので引用ばかりな文になるが許してほしい。どうせ櫻井翔本人もみないし。先に言っとくけどこの文章めっちゃ重いよ。ヲタきもいよ。

 

 

 

 

櫻井翔はすごく、正しくて強くて優しい人だと思う。正しくて強くて優しいなんてどれも曖昧な言葉だ。でも、彼は正しくて強くて優しい。

知らないことやあいまいだと思ったところをそのままにせずに白黒つけたがるところや、空気を読み取って真面目に馬鹿をするところ、謙虚なところ、端正な顔立ち、メンバーの発言に目尻眉尻下げて笑うところ、後輩に慕われるところ、スクランブルエッグイライラしながら作るところ、くるくると表情を変えるところ、頭の回転が速いところ、プライドを持っているところ、とろっとろの甘い声、かと思えば低音でドキドキするような歌声、不器用ながらに信念を貫くところが大好きだ。

 

櫻井翔が30歳を迎えた際の発言。

漠然と感じた「今のままで本当にいいのかな」という危機感は、以来ずっと持ってるんです。僕は少しでもこの世界で長く走っていたい。今、荷物をたくさん抱えて1年先までしか走れないんだとしたら、その荷物を捨ててでも10年、30年走りたいんです。

 2015年、櫻井キャスター月曜日出演中のZEROの対談企画「櫻井翔×大野智×加藤シゲアキ アイドルの今、コレカラ」が放送された。ここでも『30歳をアイドルが超えたとき』というテーマのとき櫻井は「いつか可愛くなくなっていく、人間だから。そうなった時の畑を今から耕しとかなければならないってずっと思ってた。人気じゃなくて実力を付けるということ」と言っていた。 いつまでも「可愛い」アイドルでいられるわけではない。アイドルである本人の口から発された言葉が衝撃だった。と共に、彼のプロ意識が高いことを改めて実感した。いつでもアイドルを誇りに思っている。なんでも完璧主義に見える彼にとっての荷物を捨ててでも、この世界で長く走っていたい。ずっと一番でいるのもいい、けれど、ずっと笑顔でいれるなら二番だって三番にだってなっていてもいい。 彼は、リュックを自分の荷物でいっぱいにしておかないと気が済まない人だと思う。大きなリュックをもって山に登る、でも、ずっと目指していた山の頂上にいくには荷物を少し減らさないといけない。どれも大事な荷物だが捨てないといけないものがあるなら、彼はきちんと捨ててもいいもの、駄目なものを見極めてきちんと捨てることができる。しかも、リュックがあまりにも軽くならないように、登る最中や山頂でも常に何かを探している貪欲な人。

 

こんなゆっくりでいいんだって こんな俺らだってでもいいんだって
こんな景色まで見られるなんて こんな… こんなとこ来てたなんて
この大草原の先には何が待っているのだろう
道がないなら創ればいい その先例え果てていたとしても

 

よく「気づいたら嵐が信じられないくらい大変なところまで来ていた」って言う。今の人気が夢みたいだって五人が口を揃えるように言ったハワイDVD。夢みたいだけれど、彼らはまだここで終わりを迎えるわけではない、道なき道を歩きつづけて、いつでもいつまでも先を見続けている。正解もゴールもないから、間違っているのかいないのかわからないけれど、前だけ見てどこまでも上を目指している。

 

ああ、、もう、いいよ。外野は黙ってなよ。そのあたりの、飲み屋で、自分の流儀を語っていればいい。まるで足りないよ。世の中の動きをキャッチする力がさ。君らが良いと思ってるその意見は、まったく明後日の方向の意見だよ。君らは、どのくらい女の子をゲットできたの??俺には、これだけのファンがいるぜ。たかが、アイドル。君らが馬鹿にするそのアイドル風情が、今、王座を奪い取る。最速で、奪い取る。

 

この曲にある、目指していた"その時"には十分なくらい立っていると思うし"その先"も目指して今も進んでいる。天の頂いただきまくってる。本当に王座奪っちゃうから櫻井かっこよすぎる。

 

 

 

『17歳の櫻井翔へ』

17歳の俺。はじめまして。 32歳の私です。

そこから15年が経ち、 “俺”や“僕”ではなく “私”を使うようになりました。 そのような機会が増えるという、 意外な状況に身を置いています。 背広を来ない仕事に 腹をくくったつもりでしたが、 背広を着る機会に恵まれているよ。 不思議なものです。

1999年。 嵐になる直前。 気に入っていたドレッドを、 ほどけと言われました。 必死に守り抜いてきた、 無遅刻無欠席が 急に叶わなくなりました。 “はぁ・・・。なんだこれ・・・。 とんでもないことに巻き込まれた。 辞めようと思っていたのに。” そう思っていることと思います。 イラついて ピリピリしていると思います。

でも。 そんな“【あなたの社会】への建て前”と “自分の言い訳”を 鎧に纏っているものの。 自分でその道を選び、歩き始めます。 誰も背中なんか押しちゃいないのに。 結局のところ、 “夢”だったつーことかな。 不安だとは思う。 しかし。 不安が努力を突き動かす。 どうか頑張ってください。 「無理しないでね。」 人は言うかもしれません。 死ぬほど無理してください。 別に死にゃしないから。 こっちも未だに、 “これで本当に良かったのか” わかっていません。 でも、まあ・・・。 “悪くはないかな”って ところまでは来られたよ。 来られるよ。 人生是一方通行。 どうか。 ただ前だけを。 無理しないように。

2014年1月 櫻井翔

 

 

 

今の私と同い年だった17歳の櫻井翔のことはほぼ知らない。昔のインタビューや雑誌をたくさん読んでみたりしたけれど、やっぱり表面的にしか知れなかった。「なにが嵐だ」と後ろ指をさされ、やりたいことが突然できなくなり葛藤していたこと。30代の櫻井翔が不安が努力を突き動かす、って言った。今まで何もせずにここまで来たわけではない。誰にもみせなかった血の滲むような努力、「嵐をやめたい」と思う程追い詰められた時期、報われないこともあって沢山悩んだ。でもいつかはその努力が報われる。櫻井翔だから言える言葉だと思う。努力を惜しむことを知らないという才能で、不可能を可能に変えてきた。櫻井翔の精神がうらやましい。きっと、こんな努力できる人ならなんだってできる。こんなに苦労してアイドルなんてやらなくても、会社で英語ペラペラで外国人とSkypeで会議したり、お洒落なオフィスで部下に慕われながら仕事をしたり、週2の休日は子供と遊んだり、夜に寝て朝起きるなんて生活もできるのに、それでも「アイドル」を選んでプライドをもって続けてくれること、本当に感謝している。

 

赤が似合う櫻井翔さん、いつも名字で呼び捨てして御免なさい。本当に、34歳おめでとうございます。気にしているかもしれないけれど、きっといつまでも櫻井翔は可愛いと思います。いつまでもアイドルがどれほどか見せてくれる存在でいてください。

 

 

 

 

1月25日 1:12(過ぎた)